« 受験生に贈る言葉 | トップページ | 5年後の成人式 »

試験監督で気づいたこと

こんにちは。前川です。

昨日はコンピュータテストがあり、僕は試験監督でした。

試験監督をしていて、気づいたことがあります。

それは、制限時間ぎりぎりまで何回も見直しをする生徒もいれば、逆に、時間が残っていても、途中で諦めてしまう生徒もいるということです。

これは、学年に関係なく言えることで、生徒それぞれの、テストにかける思いや情熱が、ある程度分かるような気がします。

ただ、中3生だけは全員、必死の思いでテストに取り組んでいるように見えました。

どの中3生からも、目には見えない熱気のようなものが感じられ、誰一人として制限時間になるまで手を止める生徒はいなかったです。

僕はその一生懸命な姿を見て、とても感心しました。

目の前にある課題に一生懸命取り組むことは、とても大切なことだと思います。

いま、与えられた環境で、自分のできる限り努力すること。

それは本当に大切なことです。

勉強に疲れてくじけそうになったとき、ちょっと一息入れて、将来の自分の姿を思い描いてください。

勉強という試練を乗り越えたあなたは、きっと今の何倍も成長しているはずです。

その、成長した自分にたどり着くために、一息入れたらまた、走り出していきましょう。

みんな、がんばれ!

|

« 受験生に贈る言葉 | トップページ | 5年後の成人式 »

前川先生の記事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/47249919

この記事へのトラックバック一覧です: 試験監督で気づいたこと:

» 【利用者の過半数が高評価】TVで取り上げられるほどの記憶術 [情報商材ガイド]
JUGEMテーマ:国家資格全般 「みなさんは記憶力に頼った勉強をしていませんか?」 突然ですが、あなたが小学生だった時を思い出してみてください。 おそらく、歌手の名前やマンガや本の内容、はもちろんのこと、 その日起こった出来事などを、今よりも、ハッキリと思い出す ことが出来たのではないでしょうか。 その理由は簡単で、小学生ぐらいの時は 記憶力がバツグンにいいからです。 しかし、残念ながら、私たちの脳は17歳ぐ... [続きを読む]

受信: 2010年1月10日 (日) 09時18分

« 受験生に贈る言葉 | トップページ | 5年後の成人式 »