« 試験監督で気づいたこと | トップページ | 鏡開き »

5年後の成人式

いつもありがとうございます。塾長です。

昨日はコンピュータテスト2日目でした。

中2生は、志望校判定があるのですが、その結果を見て、少しでも受験を意識してくれるようになって欲しいところです。

受験まであと1年もあると言っても、もう2年生の時点で入試に影響する内申のうち3分の1が決まってしまうのです。

講師は、中2生にそのことをよく言い聞かせていますが、まだまだ高校入試を意識している生徒は少ないようです。

それに比べて、当たり前ですが、中3生は気合の入っている生徒が多く見受けられます。

昨日も、自習室でずっと公立高校の過去問を解いている生徒が数名いました。

過去問の点数は、生徒別に記録してあるのですが、既に1科目につき6年分くらいを解いている生徒もいます。

過去問は、ただ解くだけでなく、必ず、間違えた問題、解けなかった問題を、理解できるまで演習するように指示しています。

やりっぱなしでは、実力はつきません。同じ問題であろうとも、その1問がしっかり理解できれば、類題が解けるようになってきます。

そして、1題ずつ克服することで、自信とともに、得点力がつくのです。

教室には、過去問だけでなく、予想問題も20パターン以上用意してあります。

個人差があり、何通りできるかわかりませんが、なるべく全て解ききって、本番に臨んで欲しいと思います。

今日は成人の日。昨日前川先生が、将来の姿を想像してみようと言っていましたが、今の受験生も、5年後の成人した自分を想像してみて下さい。

きっと色んなイメージが浮かんで、やる気が出てくると思います。

今苦労して勉強していることは、決して無駄にはなりません。勉強の内容だけでなく、努力した、一生懸命取り組んだという事実も大事なのです。

5年後の成人式の日に、中3の時にがんばったことを思い出せるよう、努力を続けましょう。

|

« 試験監督で気づいたこと | トップページ | 鏡開き »

塾長の記事」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/47260103

この記事へのトラックバック一覧です: 5年後の成人式:

« 試験監督で気づいたこと | トップページ | 鏡開き »