« 今日は漢検 | トップページ | いよいよ前期試験、頑張れ受験生! »

2学期制から3学期制へ

本日もありがとうございます。塾長です。

教室のある地域の中学校が、今年の4月から3学期制に戻りそうです。

平成16年度から6年間続いた試行でしたが、市や、住民、教育委員会などの話し合いの結果、遅くても平成23年度には、市内全ての幼稚園、小中学校が、3学期制で統一されることになっています。

2学期制にも、利点が多くあると思うのですが、現場の教員からはあまり支持されなかったそうです。

さらに、県の入試制度のスケジュールと合わせづらいというのも大きな要因だったようです。

私自身が塾講師をしていた時代は、3学期制だったので、特に違和感はありませんが、小学校も含め6年間を2学期制で過ごしてきた生徒たちにとっては、戸惑うことも出てくるでしょう。

当教室自体も、2学期制の時期に開校していますので、教室としては初めての3学期制ということになります。

特に、定期テストが1回増えて、実施時期も今までとずれてくるので、年間スケジュールを、今までとはかなり変えていかないといけません。

ただ良い事としては、夏休みの前に通知表が配られるので、夏休みの生徒たちの意識が少しは勉強のほうへ向いてくれるかなと考えています。

今までは、受験生といえど、勉強の本腰を入れるのは、夏休み中の部活の大会が終わった後というのが、多かったのです。

それでも2学期制の場合は、9月の前期期末テストと、11月の後期中間テストの2回で得点を稼げば、3年生時の内申はかなり挽回できました。

それが今度からは、1学期からしっかりと勉強しないと、夏休み前に1回成績が確定してしまうので、それを生徒たちに伝えて、早め早めに受験生としての意識改革をしていくことになります。

もちろん、2年生時の成績も、入試の内申の3分の1を占めることは、2学期制でも3学期制でも変わらないので、当教室は今でも、2年生の10月からそのことを生徒たちに言い聞かせていますが。

テストの回数が1回増えると、当然テスト対策のための無料補講や、自習室での提出物対策などの回数も増えるわけなので、教室としてはまた出費が増えることになります。

しかしそれでも、生徒たちのためには、サービスを維持していくつもりです。

その他にも教室スケジュールでは、全国模試の日程などを調整していかなければなりません。

今後に向けて、課題は山積ですが、日々こなしていこうと思います。

何より今は、明日の公立高校前期入試、そのための本日の面接対策をしっかりやること。

そして、2月18日の公立高校後期入試に向けて、各生徒に個別にアドバイスを送りながら指導をすることが、一番の課題です。

|

« 今日は漢検 | トップページ | いよいよ前期試験、頑張れ受験生! »

ニュース」カテゴリの記事

塾長の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/548806/47374585

この記事へのトラックバック一覧です: 2学期制から3学期制へ:

» インターエデュ@受験専門ポータルサイト! [インターエデュ@受験専門ポータルサイト!]
中学校、高校、大学受験の総合サイト。小3〜中3向け全国ネット模試や入試過去問題のほか、学校・塾紹介、試験日程や受験の最新情報を提供。 [続きを読む]

受信: 2010年1月24日 (日) 07時38分

« 今日は漢検 | トップページ | いよいよ前期試験、頑張れ受験生! »